HAZET ヒストリー

1968年 HAZET社はHermann Zerver氏により設立されました。最初は鉋、ドアタグ、ボールロック、ボールジョイントを製造しておりました。

 

1894年 フラッシュパイププライヤーがHAZET独自の発明工具として生産されました。後に電光プライヤー、ハトメプライヤーも製造されました。

1936年 ブルーと黄色のHAZETマークが使用され始めました。

1937年 全ての製品にHAZETマークが付けられました。

1939年 第二次世界大戦が始まります。

1945年 終戦 レムシャイトの工場、家屋の75%が破壊または破損しました。

1946年 復興開始、この時HAZET社従業員は100名でした。

1950年 HAZET社はヨーロッパの5つの見本市に出店しました。従業員は244人に急増しています。子の年VWは10万台目のビートルを出荷しました。

1952年
「HAZETツーリスト」が発売されました。
VWビートルスペアタイヤに合うツールボックスに収めたメンテナンスツールがベストセラーになりました。(後に人気のコレクターアイテムとなっています。)

 

1953年
Alfred Zerverは、最初の可動式で折りたたみ可能なツールトロリーである「HAZET Assistant」を開発しました。
これらのモデルの名前は160および162です。
これらはツールキャビネット初の折りたたみ、移動可能なツールトロリーです。

1958年 HAZET社は多くの自動車メーカーに特殊工具を供給する大手メーカーに成長しました。 

1959年 25,000台の162N/166Nツールトロリーを製造販売しました。

1965年 ハインスベルク工場が竣工しました。

1968年 HAZET社は創立100有年を迎えました。従業員は617人に増えました。

1969/1970年 ハインスブルグ工場が50%増築されました。

 1974年 HAZET初の精密トルクレンチが±2%の高性能で市場に出荷されました。

1975年 三角グリップのスクリュードライバー"trinamic"が特許取得し販売が始まりました。これにより、Hermann J. Zerverは当時の経済大臣フリードリッヒから連邦賞「GuteForm」を受賞しました。

1978年 6000CTシリーズをベースにした角度割り出し機能付きトルクレンチを世界に先駆けて開発しました。

1984年 初めてのプラスチックケース入りソケットセット”854”を発売しました。中敷きはセルロイド製からポリウレタンインサートになりました。”854”ソケットセットは現在でもベストセラーです。

1991年 HAZETはツールトローリーメーカー”Windgassen&Hindrichs GmbH&Co.KG"を吸収合併しました。これによりHAZETは板金加工から部品までのサプライヤーとなりました。

1992年 コンビネーションレンチが新設計され600Nシリーズとして発売されました。

1996年 カタログ2000発行、この440ページのカタログはハードカバー高級製本で、広範囲の情報を掲載しています。

2018年 HAZET150周年